キヤノン PowerShot G1 X Mark II注目の高性能デジカメ

“キヤノン PowerShot G1 X Mark II”

 

キヤノン PowerShot G1 X Mark IIは
自分撮りもできる、注目の高性能デジカメです。

 

風景や自然を 描写するためにつぎ込まれた
数々のテクノロジーと高性能レンズを装備しており 、
美しい花や風景写真 、街の写真なども撮影したい
撮る楽しみも味わいたいという方には最高のコンデジです。


PowerShot G1 X Mark IIの特徴は?

“キヤノン PowerShot G1 X Mark II”

 

上に180度、下に45度回転させることのできるチルト式の液晶、
専用に開発された大口径のレンズのほか、

 

キヤノンが独自に開発した映像エンジンと
1.5型の大型CMOSセンサー搭載による先進の高画質、
最短撮影距離5センチというマクロ撮影など、

 

PowerShot G1 X Mark Ⅱの特徴を簡単に表すなら、
全てにおいて高性能であるということです。
また、拡張性も優れており、外付け電子ビューファインダー、
スピードライト、リモートスイッチなどを取り付けることができます。


PowerShot G1 X Mark IIのおすすめポイントは?

PowerShot G1 X Mark IIのオススメポイントは液晶を上に180度回転可能なので、最大まで回転させれば液晶を見ながら簡単に自分撮りができます。

 

そして、
最短5センチ、焦点距離を最も長くした場合は40センチという
近接撮影が可能です。

 

ピントも早く、超高画質撮影、フルハイビジョン動画も撮影できるため、「外に出て撮影する喜び」を感じる、撮影が楽しくなる高性能デジカメです。

 

自分撮りだけでなく、「国内外の旅行が趣味」とか、「自然の風景や花、植物の写真を楽しみたい」「街の風景を撮影したい」という方にピッタリの高性能コンパクトデジカメです。

 

 

G1 X Mark IIの便利な機能、注目機能は?

“キヤノン PowerShot G1 X Mark II”

 

専用アプリ『CameraWindow v1.4』をインストールすれば、
WiFiでスマホと連携可能です。

 

手ブレ補正やズーム機能といった基本的な機能の他、
シャッターボタンを押す度に、写真撮影完了までの4秒間を映像として記録する、
プラスムービーオートという機能や、

 

風景をミニチュア模型の世界のように楽しむことができる、
ジオラマ風の動画撮影機能などもついています。


PowerShot G1 X Mark II仕様

総画素数は1500万画素で、センサーは1.5型高感度CMOSです。
SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、
SDXCメモリーカード(UHS-1対応)を
記録媒体として使用可能、CIPA規格に基づいた撮影枚数は、
240枚です。




スポンサードリンク